ぬこ日和/幸せ脳研究所

自分のことは自分で幸せにできます!

母親が好きに生きても子供は文句言わない


子供をこうしたい!という親の理想を子供に押し付けると
子供は反発してしまうのではなかろうか。


と、思ってます。
勉強しなさい、本を読みなさい、いますぐやりなさい。
なさい!なさい!!なさい!!!



うるさいなぁ(昔のわたし)




大人になって知り合った友人の母(わたしはあったことありません)は
とても自由な人で
わたしの友達に対しては放任主義で
一緒にやりたい!と思った時はついていく。
友達が子供が生まれても「わたし抱っこしたくない」という理由で抱っこはしないけど
「うちの母親そういう人だから別に」と、友達も気にしていない。
「だけど、わたしがライブに行くというと勝手についてきてウケる」とすら言う。
友達のやることに否定はしない、むしろ同調してついてきちゃう。
これって行動で「あなたのこと認めてますよ」って子供にしめしていることだと思います。



ちなみにわたしの母親は「またそんなところ行って」「こんな雨の中やめなさい」「危ないからやめなさい」「こんな格好して」
しかも顔がうざい(笑)
ネガティブなことを楽しんでポジティブに変えようという心意気がまるでない人。
まぁ、これもわたしへの愛がゆえのことだと思いますけど
わたしはこういう母親にはならないです。
もっと別の角度から子供へ愛情表現したい。




そしてもう一人。
この友達はママになってから知り合った人なんですが
友達自身ママになってから趣味をみつけまして
週6でその趣味をやってしまうような子。
それでも家事は手を抜かずしっかりとこなしているところは尊敬します。
(が、わたしはやりたくないことはやらない主義)


友達はすでに中学生の子供がいるのですが
その子に
「ママみたいな生き方したいな」と言われるそうです。
好きなことして生き生きしている母親をみて「わたしもそうなりたい!」と思うって
すごく理想だと思うんです。


友達は子供のためにすごいしっかりしている。けれど
自分の時間もしっかりとつくる。
子供に尊敬される。




やはり、子供には母親が楽しんでいる姿をみせるのが
一番いい育児なのではないかと思います。
なので
「妻として、母として、イライラしないことが一番である」は照明されそうな気がします。




でね、
先日、みた方も知るかもしれませんが
とある東大生が
「勉強はどこでやるのも一緒だと思います。
自分はリビングでやってましたけど、母親も隣でなにかしら勉強してました。」


なので自分も勉強するのが当たり前だと思っていました。
的なニュアンスのことを言っていました。


そりゃそうだ。と、納得。
勉強している横で
携帯ゲームしたりおかし食べたりTV見て爆笑されてたら
(すべて極端な例)たまったもんじゃないよね笑




ちなみにわたしは「こんな理由つけて家からでない母親は嫌だ」と思ってますけど笑


まぁ、わたしが4年生までしっかり仕事していた人だったから
家でのんびりしたいんだろうな。と思うようにしています。
(真意はどうであれ、親は全面的に愛です)







ということでわたし的には
母親が自由に生きても子供は文句どころか尊敬すらしてくると思ってます。