ぬこ日和/幸せ脳研究所

自分のことは自分で幸せにできます!

【過去記事 両親から愛されていた自信がない

今ならわかる。


私はきっと「愛情」というものがわかってなかった。


先日幼稚園から「作文を書いてほしい」とお願いされた。


幼稚園と関わって子供が成長したこと、感じたことを書いてほしい。


ということでした。


受けてから自分でそれなりに考えて作成した作文を


旦那が「添削する」という流れになったのですが


私は「直される」「否定される」ことを恐れて


不機嫌


になってました。


今朝添削された作文を読むと


構成は変わっているものの私が言いたかったことや感じたことは


変わっておらず


きちゅんと私の意見が尊重されていました。


出勤前に修正をしてくれて


「添削してまた返してね」と言われ


あぁ、私はこの人に愛されているんだ。


と、実感するところでした。


この出来事は他の人からしたら大したことはないかもしれませんが


わたしには大きな1歩になったと思います。


愛されている実感ができたので。


わたしは両親から満たされるほどの愛情は受けなかった気がします。


周りからは良い両親で。と、言われることはあるのですが


それは


「世間体がきになるから周りからの目は気にする」


からなんです。


わたしは


「自分の思い通りにならないと機嫌が悪い」


「これだけやってあげてるのに


やってあげてるのに!やってあげてるのに!!!」感がすごい。


父と同居していた祖母はしつけがが厳しかったです。


母は自分の意見を押し付けてきました。


両親は突き放しがひどかったです。


今の時代であれば「虐待」や「家庭内パワハラ」と言われることが


うちではあったと思ってます。


それでも結婚するまでは実家にいて


恩恵は受けていたので文句はいえませんが


結婚して、実家を少し離れて


今、わたしは変わらなくてどうする!!と、このブログをはじめました。


両親はわたしの子育ては成功したと思っていますが


わたしは自分のことを「子育ての失敗作」だと思ってます。


なので自分の子供はわたしのような苦労はさせたくないので


たくさん愛情を持って生活していこうと思います。


日々精進