ぬこ日和/幸せ脳研究所

自分のことは自分で幸せにできます!

【過去記事」必ず褒められる話

今日は少し遅い時間にこんにちわ。


これからお友達とスーパーの感謝祭セールに行ってきます!!


特にスーパーには事足りてますが


「友達と行く」


というところが楽しみなわたし⭐︎


学生時代にお友達がいなかったので


(暗い)


今、本当にお友達がいて楽しいです。


そんなお友達はほとんどママになってからできたお友達なので


それはそれは家庭の話をしますよ。


赤裸々に。


その中で家計のの話になるのですが


わたしのお家は旦那が管理をしています。


そんながっちがちではなく


さっぱりとなのですが


わたしのは家のローンの計算とかできないので


(基本的にわたしは勉強ができない)


数学科に通っていた旦那にお任せ!!!


なのでわたしは


食費と日用品の金額を毎月もらってます。


その中でやりくりをして


余ったお金はわたしの小遣い。みたいな流れなんですけど


この話をすると必ず聞かれることがあります。


それは


「足りなくなったらどうするの??」


です。


95パーセントの確率で聞かれますが


わたし…


「足りなくなったことないんです…」


もっと深くお話できる友達には


もらってる金額を言い合ったりするのですが


それほど多くもらっているわけでもなく


ネットで調べても平均的な金額をもらっているのですが


結婚して6年。


一度も


「足りないから頂戴」


と、言ったことはないです。


そしてわたしの性格で全部使ってしまうのも


最後にこれだけ余ったラッキー⭐︎と思うのも苦手で


「いま、これだけ余ってる(ニヤニヤ)」


と、思いたいタイプなので..


そう、思えるようなお金の使い方をしています。


それに対して友達は


「え!?すごいね!!!」


と、褒めてもらえます。


その時々はとくになにも思っていなかったのですが


いま、改めて


あ…わたしってすごいんだ(ニヤニヤ)


と、思ってます笑


近所で仲の良いお友達は


褒めるとかならず


「ありがとう」


と、受け止めてくれます。


わたしは


「そんなことないよ」と、謙遜しますが


自己肯定感が低いひとは


ちゃんと褒められたことは受け止めた方がいい。


という記事を読みました。


友達見習って


「褒められたことを受け止めよう」


と、思います⭐︎