ぬこ日和/幸せ脳研究所

自分のことは自分で幸せにできます!

恒例のご近所問題


わたしの中だけですけど...



なんか
うちの子が何かしでかした時だけ
やいやい言う人がいます。


他の子だってわたしが「?」と思う事しているのに
そんな時は
「ポジティブ」な言葉をかけるんです。


例えば
「子どもらしくていいじゃん」とか
「それがその子らしい」とか。



今日、そのやいやい言う人の子どもじゃない子の
大事なものを壊してしまい
わたしは上の子に説教しました。
すると「そっちじゃないけど」くらいなことを言われて
今度は下の子を説教します。


(人様に迷惑をかけることはちゃんと怒ります)


ちゃんと謝らせているし、子どももちゃんと謝ります。


けど、壊された子どもはぎゃん泣き。
それが仕方ない事もわかってます。
うちがいけないんです。
でも、その泣いている子どものお母さんは


「子どもがやった事だから」


って別にそれ以上は何も望んではいないのに
そのやいやい言う人は


「あれは嫌だったよね」と、さらにやいやい。


また別にもう一人いたのですが
その人は
「まぁ、見ちゃったら気になるよね」
と、うちの子を擁護してくれる発言をしてくれたので
ちょっと安心しましたが
なんであなたにやいやい言われないといけないんだとイライラ。


朝からなんだか期限が悪いなぁと思っていたけど
正直不快です。


しかも泣いていた子どもは


「ぬこの上の子が持って来てって言ったから持って来たのに
なんでこんな扱いされないといけないんだ。って悲しかったみたい」


って言っていたのだけど
うちの子ども2人に聞いても
「勝手に持って来た」って言うんです。
割りと嘘をつかない子どもだと思っているので
(ここらへんは親ばかなのかもしれないけど)
うちの子だけが悪い訳じゃないんじゃないか。って思います。


もし、逆の立場だったら
「壊されて悲しかったね。でも、持って来ちゃったから
みんな興味持って触りたかったんだよ」


って言うと思う。
ここはその家庭の方針が違うからとやかくは言わないけど
そこまで擁護されないの?うちの子。


親は子どもに対して謙遜しないといけないの?


と、不快です。
「うちの子は出来ないから」「落ち着きが無いから」とか謙遜(謙遜なのこれ?)
したら
そんなことないって言ってくれるの?
まぁそうしないと成り立たないような関係なら
わたしはもういいけど。
という気持ちになって来ています。
もう...知らない。正直勝手にやってくれって感じになってきました。


ご近所なのでややこしくなるこてゃ避けますが
もっと距離を取って行こうと決めました。



今回の幸せ脳は


「こういう経験が親子共々出来てよかった。
お詫びに子どもにちょっとしたものを買って渡したのは
子どもにとって
こういう事をしたら親は頭を下げないと行けない
ということを身を以て経験した」


経験


ということで落ち着かせたいと思います。